皆様こんにちは。
本日も医療法人恵優会にご来院頂きありがとうございます。

今回は「ジルコニア」についてお話させていただきます。

ジルコニアとは?


一般的なジルコニアはダイヤモンドの代わりとして使われるほど、硬く、透明感のあるものです。歯科用のジルコニアは同じような成分で白く、硬く、柔軟性のある材料に改良されたものです。日本では、厚生労働省の認可を受けた2005年以降に歯科材料として使用されるようになりました。ジルコニアを使用する事で、強度の問題で金属が使われる事が多かった奥歯の被せ物やブリッジにも対応できるようになりました。
そのため、現在ではほぼすべての治療が金属を使わずに行うことができるようになりました。



 

ジルコニアで治療をすると何が良いのでしょうか?


~メリット~

①金属やセラミック以上の強度

ジルコニアは「白い金属」と呼ばれるほど頑丈な素材のため、奥歯に使用しても十分な強度を保つことができます。

 

②ブリッジやインプラントなど強度が必要なところでも使える

今まではブリッジやインプラントの土台は強度が必要なために、中に金属を使って強度を確保していました。ジルコニアを使うことによって、強い力が掛かっても折れることがなくなり、セラミックだけで治療が行えるようになりました。

 

③変色や劣化を起こさない

ジルコニアは口の中で安定しているため変色や劣化を起こしません。口の中は酸性、アルカリ性、熱い、冷たいなど多くの環境に置かれます。ジルコニアは安定した材料のため環境の変化にも、長期間安定して口の中で機能します。

 

④金属アレルギーにならない

強度に特化したセラミックのため、セラミックを金属で補強せずに使用できます。そのため、金属アレルギーのある人でも、安心して治療を受けることが可能です。

 

~デメリット~

①歯を削る量が少し多い

ジルコニア治療の場合、ある程度の厚みが必要になります。

そのため、その分土台とする天然の歯を、大きく削らなければなりません。

 

②100%欠けないことはない

ジルコニアでも100%欠けない保証はありません。
金属でも歯でも欠けることはあります。
ただし、他の材料よりは格段に欠ける可能性は低くなります。

 

③今までのセラミックより透明感が少なく歯より硬い

ジルコニアは今までのセラミックより透明感が少ないため、主に奥歯の治療に使われます。

また、ジルコニアは歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つけてしまうことがあります。





他の材料との比較



 

最後までお読みいただきありがとうございます。

恵優会は、白い詰め物、被せものを取り扱っていますので
ご興味のある方はお気軽にスタッフまでお声かけ下さい。

-宜しければ以下の記事もご覧ください-
ブリッジとそのお手入れについて
被せ物について(改定Ver)

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内

いせさき西部モール歯科 群馬県伊勢崎市宮子 ベイシア伊勢崎モール内

フォルテたかさきモール歯科 群馬県高崎市下豊岡町 ベルクフォルテたかさき内