みなさんこんにちは。いせさき西部モール歯科院長の高橋です。
今回は反対咬合の原因と治療についてお話しします。

 

 

反対咬合の原因と治療


 

 
反対咬合とは......?

いわゆる「受け口」と呼ばれる、上と下の歯の咬み合わせが逆になっている状態を指します。
歯の軸が原因でおこるもの(歯性)と、あごの骨の大きさや形が原因でおこる骨格性のものがあります。



 

 
反対咬合の原因は......?

遺伝や生活習慣が考えられますが、様々な要因が重なり合っておこるのでひとつではありません。

 

 
治療法は......?

歯性と骨格性で異なります。

歯性の場合は口腔内に装置を着用(固定式のもの及び着脱式のものがある)し、歯の並び及び軸を動かします。

骨格性の場合は年齢によって異なります。成長期の場合は取り外し式の顎の成長をコントロールする装置を付けることによって顎の大きさおよび形を正常に導く治療を行います。



 

成長期を過ぎた場合は通常の矯正治療と併用して手術(保険診療で治療が可能)が必要になる場合もあります。

 

 

 

もし、反対咬合が気になる、もしくは治療したいという方は矯正治療専門医への受診をお勧めします。

当法人では各医院ごとに月数回無料相談を行っております。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

宜しければこちら (当院で行う矯正治療流れについて)もご覧ください。

 

 

 

 

 

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内

いせさき西部モール歯科 群馬県伊勢崎市宮子 ベイシア伊勢崎モール内