皆さんこんにちは。本日もご来院いただきありがとうございます。

今回は歯茎が黒ずんでしまうという症状についてお話したいと思います。

 

皆さんは歯茎の色を気にされたことはありますか?

改めてご自分の歯茎を見て頂くと、気が付かないうちに歯茎が変色してしまっていた・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以前は健康的なピンク色をしていたのに、歯茎が黒ずんでしまっていたら悲しい気持ちになりますよね。

こういった歯茎の変色は、様々なことが原因となり起きます。

その中でも特に主要な原因についてご説明させていただきたいと思います。

 

 

3つの主な原因


①タバコ


タバコの煙によって歯の色が黄ばんでしまう(ヤニが付く)という話を聞いたことがあると思います。実は、タバコに含まれる有害物質は歯を黄ばませるだけでなく、長い間歯茎に染み込んだり、血管を収縮させたりする事によって、歯茎も黒く変色させてしまうことがあるのです。一度煙草によって黒ずんでしまった色を大きく改善していくには薬品療法やレーザー等、専門的な処置が必要となってきます。また、処置後も根本の喫煙を続けると再び黒ずんできてしまいます。


②被せ物などの金属


金属のかぶせものや差し歯をしている部分だけ変色しているということはありませんか?虫歯治療の際、土台のところが金属でできている被せものを選択した場合、長期間の使用によって金属が腐食し、歯茎に溶け出してしまう事によって変色が起こってしまいます。このような変色は金属が原因であるので、金属をセラミックなどの非金属のものに変更する事によって症状の悪化を抑える事ができます。



 

③歯周病


歯周病になってしまうと、歯茎全体が赤く腫れてしまいます。その状態から更に悪化すると、赤紫色や黒ずんだ色になってしまう事があります。このように、目で見て分かるほど歯茎が変色してしまっている場合は、かなり歯周病が進行してしまっている可能性が考えられるので、お早めに歯科医院での受診をオススメいたします。

 



説明させていただいたように、歯茎の色が黒く変色してしまう原因はいくつか考えられます。もし、自分の歯茎の色に悩まれているという方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談下さい。

歯だけではなく、歯茎も健康に保って、毎日笑顔で気持ちよく過ごせるように一緒に頑張りましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

宜しければ前回の記事(再治療について)もご覧ください。

 

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内