皆様こんにちは。
歯科医師の深澤です。
本日も医療法人恵優会にご来院いただき、ありがとうございます。

今回は、「日本人の歯の特徴」と「日本人の歯の寿命」をそれぞれお話させていただきます。

1.日本人の歯の特徴について


皆さんは、歯について「世界中の人種等に関係なく、同じ形をしてるんじゃないの?」と思う方も少なくないのではないでしょうか。
しかしながら、実際には人種などにより微妙に形態が異なります。
人間の起源等を研究する人類学では、歯の形態の差異等から
「人間がどのように世界中に広まって行ったのか」を研究しています。

 

一般的に私達日本人は、欧米人に比べ
「歯が大きく、歯の根っこが短い」傾向にあります。

『歯の解剖学』をかかれた元東京大学教授・藤田恒太郎先生が、
岩波新書で『歯の話』という本を書かれています。
そのなかで、次のように述べています。

「日本人の歯はずんぐり型で、白人の歯はやせ型で、長い」

確かに洋画などで俳優さんの歯をみると、日本人に比べて歯が細い印象を受けますよね。

 

また、人類学者の埴原和郎先生は、アジア人の歯を研究していく中で、アジア人に特徴的な歯の形態を発見しています。
それを、「モンゴロイド・デンタル・コンプレックス」と呼びます。
具体的には以下のような特徴があります。

上顎切歯のシャベル型、下顎大臼歯の第6咬頭、第7咬頭、屈曲隆線、プロトスタイリッド

これらがアジア人に顕著に見られる特徴です。
ならびに、以下の図のような形態は日本人にも見られます。





 



この「モンゴロイド・デンタル・デンタル・コンプレックス」の考えをもとに、
アジア人の歯の特徴を詳しく分類したのが、アリゾナ大学の人類学者ターナー先生の「スンダドント」と「シノドント」です。

スンダドントはタイ人、アンダマン諸島、ビルマ人などに多く見られる特徴で、
シノドントは中国人、モンゴル人、日本人などに見られる特徴です。
詳しくは以下になります。

 

上顎

切歯のシャベル型 シノドントは優位に見られる

ダブルシャベル型 シノドントは優位に見られる

第一大臼歯の歯根の数 スンダドントは2根性

第一大臼歯のエナメル伸展 シノドントで顕著

第三大臼歯の退化 シノドントで顕著


下顎


第一大臼歯の屈曲隆線 シノドントは優位に見られる

第一大臼歯の歯根の数 シノドントで3根性 スンダドントで2根性が多いい

大2大臼歯の咬頭数 スンダドントで4咬頭性が多い シノドントは5咬頭性が多いい

 

もし、このブログを読んで興味を持たれた方は、
図書館等で歯の人類学の本を探してみて下さい。
きっと「歯からこんなことがわかるの?」と、非常に興味を持たれると思います。




2.日本人の歯の寿命について


次の図をみてみてください。



こうしてみると、奥の歯ほど寿命が短いことがわかりますね。
奥歯はものを噛むときに非常に重要な歯です。
奥歯がなくなると、ものが非常に噛みにくくなります。

皆さんの大事な歯を一生使うためには、歯のメンテナンスがかかせません。
歯のメンテナンスを行う事で、普段の歯磨きでは落としきれない汚れを除去する事や、
歯のメンテナンスで見つかった初期のむし歯等の早期治療をする事で
歯の寿命は確実に伸びます。

また、皆様の大切な歯を一生使うためにも、普段から行う
歯磨き等のセルフケアもかかせません。
医療法人恵優会は、「滅菌した専用の器具を用いて行う歯のメンテナンス」や
「十分な説明を行い、ご理解いただいた上で行う虫歯治療」の他にも
歯磨き手順の確認や口腔内の情報提供等も行い、セルフケアのサポートに努めます。
その為、皆様の歯の健康のために、十分な時間を設けた歯のメンテナンス
行っています。
・歯のクリーニングをしたいと思っている方
・着色汚れが気になる方
・歯茎から出血がある方  等
歯に関するお悩みを抱えている方は、ぜひご予約のお電話をお待ちしております。

皆様のご来院をスタッフ一同
心よりお待ちしております。

 

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内

いせさき西部モール歯科 群馬県伊勢崎市宮子 ベイシア伊勢崎モール内

フォルテたかさきモール歯科 群馬県高崎市下豊岡町  ベルクフォルテたかさき内(2019年10月1日開院予定)