皆様、こんにちは。

本日も医療法人恵優会に御来院いただき誠にありがとうございます。

 

今回は、根管充填についてお話させていただきます。

 

根管充填ってなに?


 

皆さんは歯医者さんで神経の治療をした経験はありますか?

根管充填とは、虫歯が神経まで達してしまった時に行う神経の治療で、根管内(歯の根っこ)の炎症を全て取り除いた後に、神経の代わりとなるガッタパーチャと呼ばれるお薬を詰めることを言います。

 


虫歯には5段階あります。


①CO:初期の虫歯のことです。定期的にフッ素を塗布する等をして経過観察をします。



②C1:歯の表面(エナメル質)に虫歯が出来る状態で、症状は出ない場合がほとんどです。



 

③C2:象牙質というエナメル質の下の層まで虫歯が進行した状態で、しみるなどの症状が出始めます。



④C3:神経まで虫歯が進行した状態で、強い痛みを伴う場合もあります。



⑤C4:虫歯がかなり進行してしまった状態です。虫歯が達している部分は軟らかいため、歯の頭(歯冠)は虫歯の影響で無くなる場合がほとんどです。



この5段階のうち神経の治療をし、根管充填を行うのはC3、C4の場合です。

C4は虫歯の大きさによって歯自体を残せない場合もあります。

 

根管充填の充填は詰めるという意味なので、治療としては、神経まで達してしまった炎症が全て取り除けたら、神経の代わりとなる材料を詰めます。詰める時は、根管内と薬の間に隙間が出来ないように行い、根管を埋めていきます。



根管充填を行っても再発のリスクは一定の確率であります。根管充填後は、根管にしっかりと材料が詰まっているのかレントゲンで確認をし、治療は終了となります。

 

根管充填をしたら治療は終わり?


 

根管充填をしたら神経の治療はひと段落しますが、治療が全て終わった訳ではありません。

しっかりと補強をし、被せ物をつけて、また噛めるようにしていく必要があります。

根管充填後は、土台を立て、型取りをし、出来上がった被せ物の内側に接着剤を塗り、それを土台にくっつけていきます。

一連の流れ



 

 

被せ物については、恵優会でも保険治療内で出来るものや自費のものなどいくつか種類がありますので、お好きなものを選んで頂ければと思います。

 

神経の治療をした歯は脆く、天然の歯に比べて寿命も約半分になると言われています。最後まで治療を行い、日頃の歯磨きや定期的に歯科医院でクリーニングを行う事で、歯を長持ちさせる事も可能です。

虫歯の無い歯も、健康な状態を保つためには定期健診がとても重要です。



何かご不明な点や不安な事等がありましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。

皆様の御来院を心よりお待ちしております。

―医療法人恵優会―

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内

いせさき西部モール歯科 群馬県伊勢崎市宮子町  ベイシア西部モール内