こんにちは。おやまモール歯科の寺崎です。

皆さんは入れ歯がどうやって出来上がるのかご存知でしょうか?

入れ歯が出来上がるまでにどんなことをしているのか、
どうして何度も通わなくてはいけないのか、
いろんな人に合った入れ歯はどうやって出来上がってくるのか、
など疑問に思うことがたくさんあると思います。

今日は入れ歯が出来上がるまでについてのお話をさせていただきます。

 

 

入れ歯が出来るまで


 
入れ歯の製作順



まずは入れ歯を作る前に虫歯の治療、歯肉の状態の改善など、お口の中の環境を整える必要があります。これらが一区切りついたら、入れ歯の作成に入ります。

 

 
①型取り・・・

その人の口の中に合う大きさの既製トレーを使い、印象材(いんしょうざい)と言われる柔らかい粘土のような材料をトレーに盛って型を取ります。
どういった歯茎の形をしているのかを型取りで把握します。

 

 

 
②噛み合わせ・・・

最初に型取りをして作った模型の歯肉の部分に蝋(ろう)でできた入れ歯を作成します。それを口の中に入れて噛み合わせの高さを決めていきます。

残っている歯や顔のバランスを見て噛み合わせの高さを蝋(ろう)に記録します。は歯を並にそのでもあります。

 

 
③歯並び・・・

噛み合わせの高さを記録した蝋(ろう)に歯を並べて口の中で状態を確認します。歯並びがその人に合った正しい位置かどうか見ます。入れ歯を入れた時の歯の出かたや口を閉じたときの唇の状態などお顔の状態も一緒に確認していきます。この段階では入れ歯のピンク色にあたる部分は蝋(ろう)の状態なので、歯並びを修正することが可能です。

 

 

④完成・・・

最終的な調整を行って作ったプラスチックの上に歯がある状態で出来上がってきます。ここで入れ歯の完成となります。



 

 
⑤調整・・・

歯肉に強く当たっているところや、噛んだ時に歯が強く当たっているところを削って調整していきます。歯肉や歯の状態は年々変化するものなので、調整は繰り返し必要になります。

 

 

以上が入れ歯の作成方法となります。

簡単な説明でしたが、これから入れ歯を作られる方の参考になればと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければこちら(入れ歯作成後の調整)も併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内

いせさき西部モール歯科 群馬県伊勢崎市宮子 ベイシア伊勢崎モール内