皆さんこんにちは。おおたモール歯科 、大谷です。
本日は赤ちゃんの虫歯ケアについてお話致します。



 

 

赤ちゃんの虫歯菌の感染


虫歯は虫歯菌によって引き起こされます。生まれてきた赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。どこから虫歯菌が入ってくるかといいますと、お父さんやお母さん、大人のお口からです。虫歯菌に感染しやすい時期は生後19ヶ月から31ヶ月と言われています。虫歯の原因となるミュータンスレンサ球菌の感染を防ぐ事で口の中の細菌バランスが整う3歳以降はミュータンスレンサ球菌に感染しにくくなり、成長しても虫歯のできにくい口腔環境を整えることが可能になります。

では赤ちゃんの口の中にできるだけ虫歯菌を入れないようにするにはどうすれば良いでしょうか。

箸やスプーンなどを共有する

熱い物を息で冷ましてからあげる

愛情表現として口にキスをする

このような行為により虫歯菌が感染すると言われています。周りの人たちの唾液が赤ちゃんの口に入るリスクはできるだけ避けましょう。赤ちゃんが生まれる前にお父さんお母さんご自身の虫歯治療をしっかり終えておく事も大切です。

 

 

赤ちゃんのお口のケア


赤ちゃんが母乳やミルクで育つころは、歯磨きにこだわる必要はありません。ガーゼを水かぬるま湯でしめらせ人差し指に巻き、口の中を優しく拭きとってあげましょう。
個人差はありますが下の前歯が生えてくるのは生後6ヶ月くらいです。下の前歯2本生えた時点ではガーゼで歯を前後から優しくつまむように表裏を拭いてあげるだけで十分です。あまりゴシゴシしてまうと逆に歯磨きを嫌いになってしまう恐れが出てくるのでお気を付けください。赤ちゃん用の歯ブラシを使用するのは、上下前歯4本生えてからを目安にすると良いでしょう。

奥歯が生えてきたらひざの上に頭をのせ、寝かせ磨きをすると奥歯が良く見えます。赤ちゃんの歯磨きをする時は前歯に唇と歯肉をつなぐスジの上唇小帯を傷つけないように、人差し指で上唇小帯をカバーし、歯ブラシを小刻みに1本1本磨いてあげましょう。



 

歯磨き粉はいつから使ったらいいのかお悩みの方もいるかもしれません。6ヶ月から使える研磨剤無配合・低発泡・フッ素配合のジェル歯磨き粉(チェックアップkodomo)があります。歯ブラシに3mm程度の量をだし磨いてあげてください。

まだ上手にうがいをできない赤ちゃんに歯磨き粉を使うのは抵抗があるという方もいらしゃるかもしれませんが、無理に歯磨き粉を使わなくても大丈夫です。うがいができるようになってから子ども用の歯磨き粉を使ってあげてください。

少しずつ歯磨きに慣れさせてあげましょう。赤ちゃんのうちは口の中をきれいにすることは気持ちいいという事を教え、歯磨きができたら褒めてあげる、歌いながらなど歯磨きを楽しい時間にすることも大切です。

 

 

哺乳瓶の使い方について


赤ちゃんに哺乳瓶を使用している方は、夜寝る時やお昼寝の時に哺乳瓶をくわえたままにすると上の前歯が虫歯になりやすくなります。また、スポーツドリンクやジュースを哺乳瓶であげることは控えた方が良いです。哺乳瓶をいつまで使うかは人それぞれですが、目安としては1歳半頃までといわれています。離乳食で栄養が十分摂れている状態であれば卒業をお考えください。

 

 

赤ちゃんの頃から歯科で虫歯予防


赤ちゃんも歯が生えたら定期的に歯医者に通うことをおすすめします。虫歯になってから行くのではなく、虫歯にならないように通うとお考えください。そのためには赤ちゃん自身が歯医者に行くことに少しずつ慣れて、楽しみにできると通うことが苦になりません。

当院では2歳くらいから定期健診にいらしている方が多いように思います。赤ちゃんの定期健診で歯磨き練習やフッ素塗布を行っておりますのでぜひいらしてください♪

最後まで読んで頂きありがとうございます。

宜しければこちら(産後の歯科治療とケア)もご覧ください。

 

 

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内