おおたモール歯科の新井です。

今回は虫歯の治療をした後に痛みがでる原因についてです。


Ⅰ 痛みが出る原因

①治療後は神経が敏感になっている

治療後は、神経に近い部分の虫歯を削る事により神経が炎症を起こして、過敏になっていることがあります。

また、虫歯が深くまで進行していると、神経に細菌が感染してしまい、神経の治療が必要になることもあります。

3日程度経てば、落ち着いてきますが、対処法として、熱いものや冷たいものを痛む部分にあたらないようにしましょう。

痛みがいつまでも続くようであれば、神経を取ってしまうという治療法もあります。

神経を取り除くデメリットは、取り除いてしまうと歯が脆くなり、割れやすくなっていまうからです。

②被せ物が原因で痛む

虫歯を治療して、被せ物をした時は、歯がしみることがあります。

理由としては、虫歯を削った部分に金属を入れるので、熱いものや冷たいものが伝わりやすくなっているからです。

しみなくなるまでの期間は、2~3週間程度ですが、数ヶ月経ってもおさまらない場合は、相談してください。

また、神経の細菌は取りきれたが、完全に痛みが消えるまでに時間がかかる場合があります。

しかも、虫歯の治療後に被せ物をすると、健康な歯よりも高くなり、強く噛めなくなることがあります。

ただ、1ヶ月程度すれば高さも調整され、周りの歯となじんできます。

その頃には痛みも引いていきますが、もし数ヶ月経っても痛むようであれば、レントゲンを撮って確認しましょう。

③ 神経を取り除いた治療後に痛む

神経を抜いた治療後に痛む原因は、神経自体が残っているからです。

神経を取り除く治療は、器具を使い簡単に治療出来る方もいれば、歯根が網状であったり、細かく分かれている方は治療が難しいです。

もう一つ考えられる原因として、細菌が取りきれていなくて、痛みが出ているのかもしれません。

神経も細菌も、取り残しているようであれば、治療をやり直す必要があります。

神経を取り除いた治療後に痛みがあるのであれば、相談してください。


Ⅱ 痛みが出た時の注意点

痛みがでたときには、以下のことについて気をつけてください。

①熱いお風呂に入ったり、お酒を飲んだり、たばこを吸う

歯の血液循環が良くなり、血流が神経を圧迫して痛む可能性があります。

②治療した歯をさわる

歯の痛みが気になり、いじってしまうと、手に付着した細菌が患部に入る可能性があります。

痛みを悪化させてしまうので、手だけでなく、舌先でも触らないようにしましょう。



Ⅲ 痛みが出た時の対処法

来院されるまで時間がかかる場合は、市販の痛み止めを服用してください。

ドラックストアなどで売られているロキソニンSがおすすめです。

ロキソニンSは、歯医者さんで処方される痛み止めと近い成分の薬です。

ロキソニンSは服用してから30分後程度で効いてくるといわれています。

また、4時間程度は有効だと言われています。

◆ロキソニンSの注意点

・胃に負担がかかりやすいので何かを食べた後に服用する
・同じ理由で、1回2錠まで、4時間以上は時間を空ける
・アルコールと一緒に飲んではいけない
・発育に影響がでるので、15歳未満は服用禁止
・胎児に影響がでるので、妊娠後期には飲まない
・ぜんそくやピリン系薬剤にアレルギーがある方は服用出来ない


簡単ですが、参考になれば幸いです。わからないことがあればなんでもご相談ください。