妊娠中の歯科治療について


こんにちは!おおたモール歯科の鹿山です。job_haisya_woman

妊娠中の患者様を診させていただくことが多いのですが、妊娠中の方、妊活中の方、いずれは子供が欲しい!という全ての方に知っておいて欲しい、妊娠と歯科についてのお話をいたします。

 

妊娠中は虫歯になりやすい!


妊娠中は様々な理由から、虫歯になりやすい傾向にあります。

原因としては、

・食事の回数が増え、お口の中が酸性に傾く回数が増える(虫歯菌が食事に含まれる糖分やでんぷんを分解しエネルギーにするかわりに酸を吐き出します)

・つわりで胃酸が逆流し、お口の中が酸性に傾く

・酸性の食品を好むvirus_oetsu

・お口の中の違和感により、十分な口腔ケアができなくなる

などが挙げられます。

虫歯の予防としては虫歯菌を減らすこと、つまり日頃の歯磨きや歯科医院でのクリーニングです。一度穴が空いてしまった虫歯は、削って詰めない限り進行していきます。特に妊娠中は上記の理由から虫歯が進行しやすいので、虫歯が小さいうちに治しましょう。

 

妊娠中は歯茎も腫れやすい!


妊娠中は、歯茎が腫れやすくなります。その理由の一つは、前述の口腔ケアがしにくくなること、もう一つの理由は、女性ホルモンを好む歯周病の原因菌が増えることです。妊娠中の歯茎の炎症のことを、妊娠性歯肉炎と呼び、歯茎の腫れ、出血が顕著に見られ、産後ホルモンの分泌が正常に戻ると腫れも収まることが特徴です。

妊娠性歯肉炎の予防は、口腔ケアをしっかり行う以外にありません。もちろんご自身での口腔ケアも大切ですが、歯ブラシが届かない深い歯周ポケットや歯と歯の間の汚れが歯茎の腫れの原因になりますので、歯科医院での徹底的なお掃除をしましょう!

歯周病が早産の原因に!


歯周病は慢性疾患ですので、痛みは無くても常にお口の中で炎症が起こっています。炎症によって分泌されるサイトカインという物質が、子宮収縮作用のあるプロスタグランジンの分泌を促すため、歯周病は早産の原因となります。歯周病の人の早産リスクは健常な人の7.5倍というデータもありますので、早めに歯周病の検査を行い、歯周病の治療、もしくは予防をしていくことが大切です。症状が無いため、私に限って…とお思いの方も思ったより歯周病が進行していることもありますので、はやめに検査を行いましょう。

 

早めの受診をおすすめします!


妊娠中の虫歯、歯周病の治療の大切さについてはご理解いただけたと思います。さらに産後はバタバタしてなかなか歯医者に行く余裕がない場合が多く、しばらくお会いしないうちに虫歯が進行してしまっていた!という患者様も多く見受けられます。妊娠中の治療に不安を持っている方は多いと思いますが、ほとんどの処置は問題ありませんので、赤ちゃんが生まれる前に、ぜひ一度お越しください。

 

よくある質問Q&A


妊娠中に歯科治療をして大丈夫なの?とお思いの方へ、よくある質問について回答をまとめましたので、お時間がございましたら目を通してください!

Q1.レントゲン写真は撮って大丈夫?


A.大丈夫です!

虫歯や歯周病の治療において、レントゲン写真は欠かすことのできない重要な資料です。お口の中から歯を見ただけでは、歯茎から上の、歯の表面しか見えません。虫歯は歯の外側から内側に進行していくものですので、虫歯の進行の程度や、歯と歯のぶつかり合うところから進行した虫歯、詰め物や被せ物の下の虫歯については、レントゲン写真を撮らないことには分かりません。もちろん削ってから深さを知ることはできますが、そのために全ての詰め物を外したり、怪しいところを全て削ってみたりというわけにはいきませんので、レントゲン写真は歯科治療に欠かせません。

歯科用のレントゲン写真にはいくつか種類がありますが、最もよく使用するのがお口の中全体を写すパノラマX線写真と、部分的に詳しく写すデンタルX線写真です。地球上で1年間に浴びる自然放射線量は、世界平均で2.4ミリシーベルト、日本では地域によりますが1ミリシーベルト前後です。一方、デンタルX線写真は0.01ミリシーベルト、パノラマX線写真は0.03ミリシーベルトと極少ない被曝量であり、また、放射線を当てる範囲も狭く、体幹部を覆う鉛のエプロンを着用していただいておりますので、お腹の中の赤ちゃんへの影響はありません。

それでも心配な方に無理に撮影をお願いすることはございませんので、不安なようでしたらお気持ちをお伝え下さい。

 

Q2.妊娠中なので、治療は避けたほうがいいの?


A.基本的にいつでも大丈夫ですが、安定期の受診をおすすめします!

妊娠中に歯科治療を行うことは全く問題ありませんが、妊娠5ヶ月〜7ヶ月の安定期の受診が推奨されています。虫歯や歯周病は、慢性疾患ですので、進行していても症状が必ず出るわけではなく、ご自身では気付き辛い病気です。産後はバタバタして通院が難しいでしょうから、産前に治療することをお勧めいたします。当院では患者様の全身の状態をしっかり把握し、相談しながら無理のない範囲で治療計画を立てますので、安心していらしてください。

 

Q3.麻酔をしてもおなかの赤ちゃんに問題はないの?


A.大丈夫です!全く問題ありません。

歯科で用いる局所麻酔薬は、通常の使用量ではお腹の中の赤ちゃんへの影響は全くありませんので、ご安心ください。アレルギーが出たことのある方や、歯科の麻酔で気分が悪くなったことのある方は、必ずお申し出ください。

 

Q4.お薬は飲んでも大丈夫?


A.必要がある場合のみ、安全なものを処方いたします。

当院では無理な投薬はいたしません。痛みがひどい場合や、炎症が大きい場合などには、我慢せず逆にお薬を飲んだ方がいいこともありますので、その場合は胎盤を通過しないもの、安全性が認められているものを処方いたします。

また、産後、授乳期間中にお薬を飲むことを心配される方もおりますが、母乳へのお薬の移行は極わずかであり、赤ちゃんに影響を及ぼすことはほとんどありません。中には授乳期間中に飲んではいけないお薬もありますが、歯科で処方するお薬は該当しません。授乳期間中の方には安全性が確立されたお薬を処方いたしますので、必ず教えて下さい。

 

おわりに


色々と書きましたが、他にも気になることなどあると思いますので、なんでも質問して下さいね!皆様のご来院をおまちしております。

鹿山