骨移植について


こんにちは。おおたモールの松下です。骨移植とは歯牙の周囲に骨がなかったり、インプラントを打つ際その部位に骨がない場合に行われる治療です。

 

適応症


垂直性骨欠損およびⅡ度の根分岐病変に適応で骨壁数が多い程よい。

 

移植材の種類


①自家骨

簡単にいうと自分の骨を他のところから持ってきて移植することです。かなり適合はいいが浸襲が加わるため患者さんに負担有。

②他家骨

アメリカにて脱灰凍結乾燥骨が良好な成績を収めている。日本では認可されていない。

③異種骨

うし骨基質(BIOSS)が日本をふくめ幅広く使用されている。吸収性が遅く長期的に残存する。

④人工骨

βTCPは比較的吸収が早く、ハイドロキシアパタイトは吸収しにくい。

 

治療の流れ


移植材の選択



骨欠損の明示



骨採取《自家骨のみ》



移植材の補填



縫合

の流れになります。

このように骨が足りない部分は手術が入り大変になります。わからないことがありましたらDrやスタッフに気軽にきいてみてください。