皆さんこんにちはメディカルモール歯科の川田です。

 

今日は入れ歯作成後の調整についてお話しようと思います。

入れ歯を作ったあと、痛くて入れられなかったり、時間をかけて作った割には合わない感じがする…という経験がある方も多いと思います。



新しく出来てきた入れ歯は、新しい革靴を履いた時のことをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんが、入れ歯と口の粘膜の間でも靴擦れのようなことが起こります。

 

型取りをして模型を作って入れ歯を作りますが、その時は硬い模型に合わせて義歯を作ることになります。ところが粘膜は柔らかく、力がかかると粘膜はたわむので実際に噛んでみると痛い部分がどうしても出てきてしまうというわけです。

 

また入れ歯の留め金の強さ等は一度使用してもらって使い心地を確認してからの調整が必要になります。

 

また、初めて義歯を入れた方は異物感が強く入れていられないという方も多いです。

口の中はかなり敏感で髪の毛一本入っただけでも違和感が強く出ますよね、

入れ歯も同様でかなり大きな異物が口の中に入ることになります。私たちもなるべく違和感の少ない入れ歯になるように最善を尽くしてはおりますが、違和感無く使用していくには患者さん本人の努力も必要不可欠になります。

 

入れ歯の治療は作って終わりではなくて作ってからがスタートだと思っていただけるとうれしいです。


 

歯科全般に言えることですが、治療して終わりではなくてそのいい状態を維持していくことが一番重要です。また悪いところを早期に発見して早期に治療することが大切です。

定期的に検診を受けましょう!!