皆様こんにちは。アシコタウン歯科 歯科衛生士の酒井です。
医療法人恵優会ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「シーラント」についてご説明させていただきます。

 

 

シーラントとは?


 

シーラントとは、奥歯の噛む面と頬側や、前歯の裏側にある深い溝(前歯の溝は有無に個人差あり)を光で硬化するプラスチックで埋め、食べかすや汚れが溜まらないようにしてむし歯ができるのを予防するものです。



歯を削ったり、傷つけることはなく、歯の溝に専用の接着剤をつけ、その力で歯にプラスチックを付着させます。
保険適応なので、安価で処置をすることができます。

 

 

どんな歯に行う?


シーラントはむし歯予防のための処置なので、すでにむし歯になっている歯に対しては行うことができません。

シーラントはむし歯ができやすい場所に行います。代表的な歯は、6歳臼歯(前から6番目の歯)で、その名の通り6歳ごろに生える永久歯です。6歳臼歯は生えたてのうちは硬くなりきっていない上に溝も深く、子供のうちは自身でのケアも不十分になるため、かなりむし歯になりやすいといえます。
もちろん6歳臼歯以外の歯にも処置することは可能で、3歳ごろ乳臼歯(乳歯の奥歯)、6~8歳で永久歯の前歯の裏側、12歳ごろで12歳臼歯(前から7番目の歯。6歳臼歯の1つ奥に生える歯)にもおすすめです。

 



 

シーラントの予防効果は?


多くのシーラントにはフッ素も含まれているため、溝を埋めて汚れが溜まらないようにする効果プラス、フッ素でダブルの効果を期待することができます。

シーラントを行った歯は、実に60%以上むし歯にならなかった、という調査結果も出ています。

 

 

シーラントの方法


1 歯の表面についた汚れを機械などで取り除く

2 唾液が入らないように、綿などで防湿する

3 接着剤(プライマー)を塗布

4 シーラントで溝を均一に埋める

5 専用の光で固める

 

 

 

シーラントの注意点


シーラントをすれば必ずむし歯を防げる、というわけではありません。

歯を削って詰めているわけではないので、使っているうちに取れてしまうことや、予防効果を期待できるのは埋めた溝だけなので、歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目などがむし歯になるリスクは避けられません。

日々のお家でのケアや歯医者での定期的なクリーニングやとフッ素の塗布が大切です。



 

医療法人恵優会では、シーラントや定期健診のご予約をいつでも受け付けております。3ヶ月に一度は歯のクリーニングを行い、お口の中の健康を保ちましょう。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

宜しければこちら(子供の歯磨き)もご覧ください。

 

 

 

-医療法人恵優会-

おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド、サイゼリヤ隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内

いせさき西部モール歯科 群馬県伊勢崎市宮子 ベイシア伊勢崎モール内