皆さまこんにちは。

本日も、医療法人恵優会にご来院いただき誠にありがとうございます。

今回は「産後の歯科治療とケアについてお話ししたいと思います。


産後は、日々2,3時間ごとの授乳に加え、育児、家事の負担も重なり休む暇もないと思います。ですので、生活に支障が出るような歯の痛みがない限りこの時期に歯科にかかることは難しいと思います。
私たちも、産後の歯科治療はなるべく少ない回数にしたり、場合によっては患者様と相談の上、応急処置に留めて通いやすい環境になった時にしっかり治療を進められるような対応を心がけています。

Q .この時期にお薬を飲んでも大丈夫でしょうか?


急性症状が強くお薬を出された場合には乳児に対する安全性も高く、妊娠中と同様に使用できるものをお出ししますので安心してお飲みいただけます。
また、麻酔もお口だけの局所に行うため授乳による乳児への影響はないと言われていますのでご安心下さい。

大切な赤ちゃんの虫歯を予防するためには・・・


ご存知の方も多いかと思いますが、虫歯菌はもともと産まれてきた赤ちゃんには存在しません。保育者、特にお母さんが菌の感染源になることが多いと言われています。つまり、お母さんから赤ちゃんへ菌が移るのを防ぐことが虫歯予防の第一歩と考えられます。特に赤ちゃんに虫歯菌が移りやすい時期があります。その時期は、1歳7ヶ月~2歳7ヶ月までと言われています。子供の歯の奥歯が生え揃う時期ですね。この頃までにお母さんの虫歯治療が終えられていると理想的ですね

詳しく知りたい方は、妊娠中の歯科医療もご覧ください。

日頃からご自身のお口のケアとともに歯科医院においての虫歯治療や定期的な細かなクリーニングができるとより良いですね。
歯科の立場から私たちもみなさんの生活をサポートできれば幸いです!

スタッフ一同みなさまのご来院をお待ちいたしております。

前回の記事:過剰歯について




-医療法人恵優会-
おおたモール歯科 群馬県太田市飯塚町ベイシアパワーモール内

おおたメディカルモール歯科 太田イオン隣 メディカルポート内

アシコタウン歯科 栃木県足利市アシコタウン内(マクドナルド様、サイゼリヤ様隣)

おやまモール歯科 栃木県小山市立木 ベイシアモール内