皆さんこんにちは。
本日もおおたモール歯科、おおたメディカルモール歯科にご来院いただきありがとうございます。

本日は「ドックスベストセメント」についてお話をしていきたいと思います。

はじめに、ドックスベストセメントとは
「虫歯菌を削らずにミネラルで殺菌する」という治療法です。

通常、大きくなった虫歯は完全に取り除く為に歯を大きく削る必要があります。
しかし、ドックスベストセメントを使用すると虫歯菌のほとんどを取り除かなくても、
ミネラルが永久的に殺菌し続けてくれるので、大事な歯を削らないで済ませることが出来ます。

神経の治療をしてしまうと歯の寿命が半分になってしまうと言われています。
神経の中に血流もあるのですが、ご自身の歯はそこからカルシウムも補っています。
神経の治療してしまいますと一緒に血流もなくなってしまうので生きた木と切り株の様に
歯ももろくなってしまいます。


ドックスベストセメントを使用することで、「これ以上削ってしまうと神経の治療になってしまう」という場合にも
自発痛が無いという条件で、神経を残せる場合もあります。

☆メリット
・神経を取らなくてはならないほどの大きな虫歯でも、神経を取らずに済ませることが出来ます。
→1度神経の治療をしてしまうと、痛みや腫れが再発してしまうリスクがあります。
・歯の削る量が少なくて済みます。
・治療の回数が少なくなります。(通常3回)
→神経の治療は、個人差がありますが最低でも5~7回はかかります。
・歯の寿命が延びます。
→2次う蝕(詰めた物の下に虫歯が出来ること)の確立を減らすことが出来ます。
・お薬ではありませんので、お薬のアレルギーがある方でも安心して使用できます。
・ドックスベストセメントを入れた部分は、永久的な殺菌効果が期待できます。

★デメリット
・日本では、まだ保険治療として認められていないので、自費診療(2000円)となります。
→セメントの上に被せるものも自費診療の中から選んでいただきます。
・虫歯の量や状態によっては、この治療が出来ないケースがあります。
→自発痛が無いことが絶対条件です。
・歯の中の虫歯菌は治療出来ますが、虫歯にならない歯になるわけではないので
適切な歯磨きを怠ると、違う箇所から新たな虫歯が発生します。
→どの治療を行っても、メンテナンスは必要不可欠です。
・ドックスベストセメントを入れても、数日たってから痛みが出た場合は、
神経の処置に移行しなくてはならないことがあります。

他にも分からないことがありましたら、お尋ねください^^

おおたモール歯科
おおたメディカルモール歯科
スタッフ一同